お風呂の酸っぱいにおい

暮らし

お風呂を掃除しているとたまに酸っぱい臭いが鼻を突きます。

お酢の臭いというか、お酢にさらに悪臭が混ざった臭い(>_<)

あの臭いどうにかならないものか、調べてみました。

お風呂の酸っぱい臭い 原因は?

床や壁についた皮脂や垢なんだそうです。
体を洗う時、皮脂や垢が石鹸カスとともに飛び散って、壁や床に付着するんだとか。

とにかく壁や床を洗うと取れるようなので、比較的簡単に臭いは落とせます。

あとは、小さいお子様だとお風呂でおしっこをしてしまう事もあります。
そのアンモニア臭ももしかしたら混ざっているのかもしれません。

お風呂の壁の掃除方法

今回は漂白剤を使って掃除しました。

出来るだけ流れ落ちないように、泡ハイターを使用

壁全面にふりかけて、ゴシゴシ!

ついでに床にもかけて隅々まで擦り洗い。
その後シャワーで流します。

ここでしっかり洗い流さないと、ぬめりや漂白剤の臭いが残ってしまいます。

その後雑巾などで水気を拭きとります。
ここでもしっかり拭き取らないと、カビの原因になります。

漂白剤を使う時の注意点

今回使用したハイターは、塩素系漂白剤です。
塩素系漂白剤の場合、酸性タイプの洗剤と混ぜると塩素ガスが発生してとても危険です。
絶対に混ぜないように気を付けましょう

混ぜていなくてもあのツンとする刺激臭に目や鼻をやられてしまいます。
特に目に入ると失明の恐れもありますので、メガネやマスクがあると良いですね。

それでも鼻に臭いが残ったりはするんですけどね

もうひとつ、素手で扱うとぬるぬるがいつまでも取れなかったりします。
これは漂白剤の成分の塩素が、皮膚の表面のたんぱく質を分解しているからなのだとか。
出来るだけ手袋をして使用したほうがよさそうです。

手についてしまった時は、流水でしっかり流しましょう。
お酢につけると早くぬるぬるが取れるようですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました