お洗濯の部屋干し・生乾き臭

暮らし

雨の日だけでなく、春先は花粉も気になって、洗濯物を外干し出来ない事があります。
そんな時は部屋に干しているのですが、なかなか乾かないうえに嫌~な臭いもしてきます。
あの臭い、なかなか取れないんですよね(>_<)

部屋干し臭の原因は?

2011年、花王と愛知学院大学が突き止めた部屋干し臭の原因菌である「モラクセラ菌」なのだそう。
人間の体の粘膜にも付着している常在菌で、条件の揃った温度(20度~60度)や湿度(60%以上)により爆発的に増殖します。
増殖している時に発する匂いがあの嫌な部屋干し臭だったのです。

部屋干し臭を消すには

一度ついてしまったモラクセラ菌は、紫外線や乾燥に強いので、普通にお洗濯をしてもなかなか落ちません。
臭わなくなったようでも、汗をかいたり雨で濡れたりすると、嫌な臭いが復活したりします。
それは衣類が濡れる事によって、原因菌がまた増殖しているからです。

モラクセラ菌は紫外線や乾燥に強いと書きました。
しかし熱には弱いようで、60度以上の熱では増殖しないと分かっているそうです。
ただ、60度以上のお湯で洗濯すると、生地が傷んでしまいますよね。
タオルとか傷みにくい生地であれば有効かもしれませんが…

手っ取り早く臭いを消すには、衣類用の消臭剤がいいかと思います。
菌が原因なので、除菌も出来るファブリーズやリセッシュなどがいいかと。
一時的なものなので、帰ったら下の記事を参考にお洗濯してくださいね。
※必ず効果があるとは限りません。

家で出来る部屋干し臭対策

濡れたまま放置しない

60%以上の湿度でモラクセラ菌が増殖する為、洗濯終了後はすぐに干す。

お洗濯前でも、そのまま洗濯槽に放り込んで翌朝お洗濯というのは避ける。

干す前にアイロンをかけるのも一つの手です。

酸素系漂白剤を使う

40度のお湯に酸素系漂白剤を溶き、商品の表示通りにつけ置きする。
液体タイプと粉末タイプがありますが、粉末タイプのほうが効果が高いようです。

※塩素系漂白剤とは混ぜないでください。

風を当てる

冬場であれば、暖房をつけていれば部屋干しでもすぐに乾いていたのですが、暖房をつけるほどでもない時や梅雨時期などは困りますね~。
浴室乾燥機があればとても便利そうなのですが、家にはついていないので(^^;)

そういう時はエアコンの除湿機能を使ったり、サーキュレーターを使ったり。
持ち運びのできる小型除湿器もあるようです。
菌が増殖しないうちにある程度乾かすのが大事なので、夏場に活躍する扇風機を当てるのもアリです。

干す時は、衣類どうしがくっつかないように、なるべく間隔をあけて風通しをよくすること。
バスタオルはじゃばら干し、ジーンズやスカートは筒に干すなど、工夫してみて下さい。

洗濯槽をきれいにする

部屋干し臭の原因は洗濯機にあるかもしれません。
洗濯槽には見えないところに黒カビがびっしりついていたりします。

上に書いたように、脱いだ洗濯物を洗濯機に入れたままにせず、軽く干しておくとか洗濯カゴにいれるなどしたほうがいいです。
使わない時は洗濯機のふたを開けておくなども湿気を逃すのでいいです。

市販の洗濯槽クリーナーもありますので、それらを使って定期的に掃除をしてみて下さいね。

最後に

部屋干し専用の洗濯洗剤をご紹介させてください。





そんな事知ってるよと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この記事が少しでも誰かのお役に立てれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました